半日 クジラ ウォッチング ツアー 体験レポート

ついにクジラの季節到来!という事で、半日クジラウォッチングツアーに参加してきました。 百聞は一見にしかずといいますが、クジラはやっぱり大きかった。。。です。感動と興奮冷め止まぬ経験がお伝えできるといいのですが。

12:25  ツアーはダーリングハーバーの水族館(Sydney Aquarium)前から出発します。ガイドさんが日本語のサインを持って待ってくれていますので、水族館前に各自ご集合ください。

揃ったところで乗船です。お天気にも恵まれ、絶好のクジラ日和。 青い空、広い海、憧れのクジラ・・・。そして今回私たちが乗るクルーズ船はこちら!!!

12:45  出港。スタッフにあいさつしている内に船が動き出しました!ダーリングハーバー、サーキュラーキーを後に、グングン外洋へ向かって進みます。昨年できたばかりの船だそうで、きれいでかなり速いスピードです。外海に向かう途中、青い空と海をバックにオペラハウスハーバーブリッジを海から眺めるこの贅沢感は、やはりシドニーならですね。

そして船は外海へ。。。少し?!の揺れを感じ始めたところで、まずはキャビンの座席下に入っている救命具の説明。 そして、ガイドさんのクジラトークスタート! クジラの種類、生態、見つけ方などなどなど、「深い話」を聞きます。 昨年の遭遇率は、なんと驚くべき・・・98%!!!! もし、見られないことがあれば、ご旅行のスケジュールが許す方は再挑戦もできるそうです。 ちょっと船酔いしないか心配な私は、キャビンの外に出ていた方がいいとのアドバイスにしたがってデッキへ。風も気持ち良い~。 何だか海をクルーズしているだけでも幸せですが、これからが本番です。

外海に出ると、当然の話ながら背後のシドニーを除き、見渡す限り周囲は海ばかり。 ひょっとしてあれが潮吹き?と思うと白い波だったり。。。 どっちを見ればいいの?どうやって見つけるの?出てきてもわからなかったらどうしよう? 是非とも・・・・ 見た~~~い!!!!!

クジラを発見するコツは息をするために海面に上がってきて「潮を吹く」のを見つけることだそうです。 経験を積んだ船のスタッフは、何キロの先のクジラも見つけられるのだそうで、真剣な表情で遠くを見つめています。 そう思ったところに、クジラ発見!

クジラが見つかると、「2時の方向に2頭いるので、ちょっと近づいてみます」などと放送で教えてくれます。 ちょっと英語が聞き取れなくても、ガイドさんが親切に説明してくれますので安心。 教えてももらった方向を見ると、確かにクジラが! 初めは遠くに見えたクジラに船がグングン近づいていくと、デッキは集まった人たちのどよめきとシャッターの音で興奮気味。 お~という声と共に、カメラのシャッターをみんな切っています。

近づいてみるとクジラは、海面で潮を吹いては、ゆるやかに泳いでやまた水面下へ。 水面へ潜る前に、尾びれがフゥーッとあがります。 目の前の大きなクジラの身体や、泳ぐ姿は、なんと表現していいかわかりません。 この感動を自分のカメラにおさめたいのですが、時速7kmで泳ぐクジラの動きは割りに早く、すぐにシャッターを押したつもりでも写っているのはクジラの潜った後の水面ばかり。。。 いったん潜ると数分出てこないので、次の潮吹きを待って、息をひそめるようにじっと待ちます。 一度潜ってしまうと今度はどこに出てくるのか分からないクジラを待っていると、また突然プーッと潮が吹き上がります。

クジラは、2頭または3頭一緒に泳いでいることが多く、交互に潮を吹いたりする様子はなんだかなごやか、と思ったら、あれはオスのクジラ2頭がメスをめぐって競争しているのだと説明を受けてビックリ。その内の2頭が急に動きだしたのですが、水面下ではもっと激しい動きをしているそうで、クジラの世界も厳しいのだと納得。

そして、向こうの方の群れで、大きなクジラがいきなり豪快にジャンプ! それにしてもすごかったですよ~、クジラのパフォーマンス。パフォーマンスにはいくつかの種類があり 呼び方があるのですが‘ブリーチング’と呼ばれる水中からいきなり頭から身体全体が空中に飛び上がり、 そのままバシャーンと水中に入るクジラのジャンプ、これも見ることができました! 思わずわ~!と叫んでしまいます。 いきなり海面に姿を現し、ジャンプ!! このドキドキ感がたまりません。 やはり実際に見て体感していただきたいなと思いました。

別の群れが近くにいるということで、今度はそちらの方へ。 いくつかの群れを観ている内に、中の2頭が船の方へ近づいてきました。距離が近づくととても大きい様子が水面に出ている体のサイズから見て取れます。

ちなみに、クジラは保護されている動物なので、クジラウォッチングにもルールがあります。 船は真正面や真後ろを外れて、クジラと併走する感じで進みます。それも一定の距離を置く必要があります。 ただし、クジラの方から近づいてくるのは、クジラまかせでよいのだそうです。 さらに、あちらの群れ、こちらの群れとクルーズしている内にあっという間に時間終了。これから帰港しますとのアナウンスがあり、クジラ達とお別れ。

クジラはこのままもっと北へ向けて回遊を続け、また8月ごろから南下を始めるそうです。 船がスピードをあげると遠くにクジラが尾びれを出してバイバイしているかのように見えます。 無事に回遊を続けて、また8月に帰り道に会いましょうね。途中、なんとイルカが現れ、船の後方でジャンプしたり脇を泳いだりと、とっても癒された歓迎の場面もありました。

16:30  シドニー帰着。帰りの下船は、サーキュラーキーでも、ダーリングハーバーでもご都合にあわせて選べます。 スケジュールに併せてガイドさんに下船場所をお知らせください。

参加ご希望の方へ:

シドニーの 期間限定 クジラ半日プショナルツアーは、11月30日までの毎週日、火、水、金、土 12:25~16:30催行しています。

クジラウォッチングツアーは、ゴールドコーストでも参加いただけます:

シドニー半日クジラウォッチングツアーのお申込み

シドニー水族館の住所
Aquarium Pier, Darling Harbour, Sydney 2000
*キング通りかマーケット通りをダーリングハーバーに向かって歩いてください。
広告