[ブリスベン現地情報]電車、バス、タクシーを使って街へ出よう!

サッカーW杯アジア予選「日本対オーストラリア」は、6月12日にブリスベンで開催されます。

さて、今回はブリスベンの交通事情についてご案内しましょう。

Taxi (Image)

タクシー(イメージ)(写真提供: the Tourism Queensland)

ブリスベンでは電車、バス、タクシー、フェリーが一般的な交通手段です。旅行者のみなさんには、電車やタクシーが特に便利かもしれませんね。

①電車
シティ・トレイン(City Train)と呼ばれる電車があり、ブリスベン中心部から縦横に数種類の路線が走っています。1回限りの通常片道チケット「ペーパー・チケット」は駅の窓口・チケット販売機で購入できます。

②バス
ブリスベン中心部よりも郊外を中心に運行されています。1回限りの通常片道チケット「ペーパー・チケット」はバス運転手が販売しています(一部のプリペイド専用バスを除く)。バス停には複数の路線のバスが停まるので、乗りたいバスが来たら手を挙げて合図しましょう。降りる時は、日本のようにバス停名やアナウンスがないので、自分でどこを走っているか確認してボタンを押さなくてはならず、難易度が高めです。

③フェリー
シティ・キャッツ(City Cats)などがブリスベン川で運行しています。乗り方は電車とほぼ同じ。観光で乗ってみてもいいかもしれません。

以上のトランスリンク社が運営するバス、電車、フェリーすべての交通機関に使用できる電子チケット「go card」も便利です。 自動改札機にgo cardをタッチすると運賃を自動的に計算し、カード残金から差し引かれるシステムです。

ブリスベンの公共交通機関については、TRANS LINLK(トランスリンク)の日本語サイト(http://translink.com.au/site-information/languages/japanese)もご覧ください。

バス&電車ネットワークMAP(http://translink.com.au/resources/travel-information/network-information/maps/120101-busway-and-train-network.jpg)も計画を立てるのに便利です。

④タクシー
観光客が比較的利用しやすい交通手段。メーター制です。市内のタクシー・スタンドから乗車するか、電話で呼び出すのが一般的な利用方法です。行き先は紙に書いたものを用意しておくと便利です。お支払いの際はドライバーがおつりを持ち合わせてない場合があります。なるべく5ドル札、10ドル札あるいはコインを用意しましょう。ドアは手動式なので乗り降りの際は自分で開閉します。

〔代表的なタクシー会社〕
1)Black & White Cabs
電話: 133 222 (13ecab)
ウェブサイト: http://www.blackandwhitecabs.com.au/cms/pages/!/display.html
2)Yellow Cabs
電話: 131924
ウェブサイト: http://www.yellowcab.com.au/

〔料金のめやす〕 ※Black & White Cabsの場合
初乗料金: 平日(月~金曜 07:00~19:00) $2.9、以降$2.06/kmが加算される。
追加料金: 電話予約の場合は追加$1.5。夜間・週末・祝祭日等には、別途追加料金あり。

公共の交通手段を使ってブリスベン観光を楽しんでくださいね。

※上記は2012年4月30日現在の情報ですのでご了承ください。

広告