[ブリスベン現地情報]気をつけて!南半球のブリスベンは日本と逆の季節です

みなさんご存知ですか?オーストラリアは南半球に位置しているので、実は季節が日本と反対なんです。ブリスベンでサッカーW杯「日本対オーストラリア戦」が行われるのは6月、日本は梅雨の季節で時々暑くなることもありますが、オーストラリアでは秋から冬に変わる時期です。
ブリスベンの6月の平均気温は、最高気温21度、最低気温11度。乾燥しているので、湿度の比較的高い日本に比べると、「意外に寒い!」と感じることも。朝晩の気温差も大きいので、上着が必要です。

ブリスベンの様子(写真提供: the Tourism Queensland)

さてさて、そんなブリスベンではどんな服装で出かけましょうか?ブリスベンでは、ホテル内でもサンダルや短パンで大丈夫です。でも、レストランやカジノでは、やはりビーチサンダルと短パンというのは避けた方がいいですね。 正装する必要はありませんが、ラフな格好では入れない場所もあるので、男性は長ズボンとポロシャツくらいの服装がおすすめです。

サッカーW杯「日本対オーストラリア戦」は夜に行われるので、あたたかくしておでかけくださいね。盛り上がって試合後バーやパブに行かれる場合も、服装やマナーにはご注意ください!
※ブリスベンスタジアムでの観戦時のご注意は、こちらのページにあるリンクからご確認いただけます。

JTBオーストラリアでは、ブリスベンに1泊するパッケージツアーもご案内中です。詳しくはこちらから。

次回は時差についてご案内の予定です。

広告