生命への畏敬~フレーザー島

 
フレーザー島とディンゴ ( 写真提供: ナチュラ・エコツアーズ、ツアー中に撮影)

フレーザー島とディンゴ ( 写真提供: ナチュラ・エコツアーズ、ツアー中に撮影)

“Ecology is who’s eating whom in life; Everything is either eating or being eaten” by Peter Mayer
「エコロジーとは生命の中に誰が誰かを取り入れること。すべての生物は食べるか食べられるかである」

フレーザー島で唯一の日本人エコガイド、矢萩さん

フレーザー島で唯一の日本人エコガイド、矢萩さん

フレーザー島で唯一の日本人エコガイド、矢萩さん私が、首都キャンベラの大学で「地球科学・人間生態学」を専攻する大学生だった6年前、いくつもの偶然が重なり「フレーザー島」)という世界最大の砂の島でエコツアーを始めることになりました。オーストラリアを代表する世界遺産ですが、日本人には広く知られていない場所なので、現在まで唯一の日本人ガイドとして活動しています。

エコガイドとして自然と接せる時に大切なことの一つが「生命への畏敬」の念です。たとえば、フレーザー島には、純血のディンゴが生息していて、ツアーでも毎回のように彼らに出会います。よく危ない肉食獣だと言われていますが、「島の王者」である彼らとの出会いを、私はとても楽しみにしています。
フレーザー島エコガイドディンゴは生物学的に犬と狼の中間にあたり、狩猟生活や行動パターンは狼と同じです。写真のように、筋肉隆々の見事な逆三角ボディー(!)で数メートルまで近づいてくることもしばしば。75マイルビーチに流れ着いた瀕死のイルカ、大型サメやウミガメを、顔が血まみれになりながら喰らいついている姿にも何度も遭遇しました。

フレーザー島エコガイド

リアルの自然界では、すべての動物は他の命(またはその一部)を奪うことによって生命を維持しています。「死」を前提に「生」と「命」が成り立っているという自然界の掟は、残酷にも見えますが、美しい生命の循環ですね。「目は心の窓」と言いますが、自然界の真理を見つめる時、人の心は感動に満たされます。ディンゴと目が合うと「欲望のために人の命や物を奪うのは人間だけだよ」と話しかけられている気がします。そんな自然界の発するメッセージを人々に通訳することも、自然ガイドの大切な仕事のひとつ。フレーザー島の動植物や砂と触れ合って「人生観が大きく変わった」という声を聞くと、とても嬉しくなります。

我々は生態系の頂点に立って、たくさんの命を戴いて毎日を生きています。でも、あらゆる命に対して、感謝して、守っていくという責任がないとダメです。地球環境問題の知識が広まっても、ライフスタイルの変革につながらないのは、地球と自分がつながっているという実感が決定的に不足しているからではないでしょうか?自然の真理を「実体験」として感じる旅、人と自然の触れ合いを楽しむ旅・・・そんなエコツアーになるように、今週も「生命への畏敬」を忘れずに、フレーザー島に行ってきます!!今回はどんな、出会いが待っているのか、ワクワクドキドキ(笑)

ツアーデスクからフレーザー島で唯一の日本人エコガイド、矢萩さんがガイドをつとめるナチュラ・エコツアーズのフレーザー島ツアーはこちらでご覧ください:

広告